土屋健の経歴学歴|古生物関連の著書一覧とサイエンスライターの仕事内容を調査

URLをコピーする
URLをコピーしました!

今回は、サイエンスライターとして活躍している土屋健さんについて、いろいろなことを特集していきたいと思います。

その前に、土屋健さんの職業であるサイエンスライターとは、一般的に、あまり聞きなれない言葉ではないでしょうか。

そこで、土屋健さんのこれまでのプロフィールについて、確認していきたいと思います。

はたして、土屋健さんとは、どういった経歴の持ち主だったというのでしょうか。

さて、土屋健さんは、サイエンスライターとしての仕事内容は、古生物関連の著書の執筆となっていました。

そこで、そんな土屋健さんが執筆した古生物関連の著書の一覧も、チェックしていきましょう。

目次

1.土屋健の経歴

土屋健さんは、生年月日がいつだったのかについては分かっておりません。

ただし、大学には1997年に入学していました。

そのため、もしも留年していないのであれば、1978年か1979年生まれで、2020年現在の年齢は、41歳か42歳となっているのではないでしょうか。

ちなみに、出身地は埼玉県です。

そんな土屋健さんは、大学に進学して、大学院まで終了し、地質学や古生物学を専攻していきました。

学生時代には、執筆した地質学関係の論文が『地質学雑誌』に掲載されるという、大変な実績も残しています。

そして、土屋健さんは、2003年、株式会社ニュートンプレスに入社して、以後、編集記者として活動していきました。

株式会社ニュートンプレスでは、編集部部長代理を務め、『Newton』において、多数の記事を執筆したほか、複数の書籍を担当していきます。

なかでも、土屋健さんは、古生物関係の記事を重点的に手掛けていきました。

その後、土屋健さんは、2011年に株式会社ニュートンプレスを退社して、サイエンスライターとして独立。

2012年には、オフィスジオパレオントを立ち上げて、サイエンスライターとしての活動を本格化させていくことに。

ここまでご紹介してきましたとおり、独立までにも多くの実績を積み重ねていた土屋健さんですが、独立後はいっそう顕著なものになっていきます。

2016年には、『理科が好きな子に育つ ふしぎのお話365日』によって、産経児童出版文化賞JR賞を受賞したほか、2019年には、『リアルサイズ古生物図鑑 古生代編』によって、神奈川学校図書館大賞において第3位に、そして、同年には、 『リアルサイズ古生物図鑑 古生代編』によって、埼玉県の高校図書館司書が選んだイチオシ本2018において第1位、さらに、同年には、日本古生物学会貢献賞を受賞したのです。

なお、日本古生物学会貢献賞を受賞したのは、サイエンスライターとしては、初めてのことだったといいますから、すごすぎますよね。

これからも土屋健さんはまだまだサイエンスライターとして活躍を見せてくれるでしょうから、見守っていきましょう。

2.土屋健の学歴

ここまですぐれた活動を展開していた、土屋健さん。

それでは、そんな土屋健さんの学歴は、どのようなものだったというのでしょうか。

大学は金沢大学理学部地球科学科卒業、大学院は金沢大学大学院自然科学研究科博士前期課程修了でした。

金沢大学からは、ファッションモデルでは、多嶋沙弥さん。

舞踏家では、宇都宮千佳さん。

落語家では、桂まん我さん。

劇作家では、松田章一さん。

演出家では、岡井直道さん。

バスケットボール選手では、東勝彦さん。

陸上選手では、吉田香織さん。

体操選手では、加藤宏子さん。

カーリング選手では、両角友佑さん。

トランポリン選手では、古章子さん、半田玲子さんなどといった人々が輩出されていました。

3.土屋健の古生物関連の著書一覧

今まで、たくさんの古生物関連の著書の執筆にかかわって来ていた、土屋健さん。

そこで、これまでに土屋健さんが執筆を担当してきた古生物関連の著書一覧も見ていきましょう。

古生物一般は、『「もしも?」の図鑑 古生物の飼い方』、『古第三紀・新第三紀・第四紀の生物』、『白亜紀の生物』、『ジュラ紀の生物』、『三畳紀の生物』、『石炭紀・ペルム紀の生物』、『デボン紀の生物』、『オルドビス紀・シルル紀の生物』、『エディアカラ紀・カンブリア紀の生物』、『ティラノサウルスはすごい』、『WONDA 大昔の生きもの』。

なかでも恐竜関係は、『世界の恐竜MAP 驚異の古生物をさがせ!』、『ザ・パーフェクト―日本初の恐竜全身骨格発掘記:ハドロサウルス発見から進化の謎まで』、『「もしも?」の図鑑 恐竜の飼い方』、『大人のための「恐竜学」』。

最近のものでは、2020年10月に出版された「リアルサイズ古生物図鑑 新生代編」があります。

この「リアルサイズ古生物図鑑」シリーズは、現在の日常に古生物がいた場合に、このくらいの大きさだったというコンセプトで制作されたもので、文字通りリアルな大きさをCGと実写の合成画像によって堪能できるというもの。

まずは古生代から攻めていくのがおすすめです。

非常に評判ですので、機会があればいずれかに目を通したいものですね。

4.土屋健のサイエンスライターの仕事内容

では、土屋健さんのサイエンスライターとしての具体的な仕事内容は、どうなっていたのでしょうか。

メイン業務は、当然、各種著作等の執筆となっています。

しかし、それだけではありませんでした。

書籍の監修、編集、執筆指導、講演、ラジオ番組への出演、地質学や古生物学の相談などとなっていたのです。

このように、土屋健さんは多岐にわたって活動していたのでした。

土屋健さんは、ただのサイエンスライター(科学分野についての記事を書く人)ではありませんでした。

ここまで複数の活動を見せていたとは、頼もしい限りではないでしょうか。

これからもたくさんの著書の刊行を期待したいものですね。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる